介護福祉士になりたい

この仕事をしようと思って出来たらそれに越した事はありませんが、今の世はそんなにうまくはいきません。昔はそんなに介護福祉士になりたいと思う人はいませんでした。高齢者社会になってきてもあまりいませんでした。しかし、最近はメディアでもたびたび報道しているのもありますが介護福祉士になりたいと思う人が増えて来ました。介護福祉士になりたいと思っている人も増えましたし注目もかなり集めています。これから高齢化が進んで行くと介護福祉士の重要性が今よりも増す事でしょう。それだけに介護福祉士は増えた方が良いのですが、介護のスキルが全然ない人に介護福祉士になられても困るのが現状でしょう。これからは介護などの福祉が非常に大事になってきますから福祉関係で働く若い人材を育てようと福祉関係の授業を取り入れる学校も増えてきています。学生の場合は福祉関係の授業が行われていたり学科がある学校を選べま良いでしょう。大人の場合はどうしても実務の経験は必須となってきます。30歳を超えて介護福祉士を目指そうという人が最近増えて来ました。しかし、実務経験を得ようと福祉施設に行ってもまず採用はされないでしょう。やはり大人になっても勉強は大切で福祉の勉強をして知識をまずは覚えないといけないでしょう。長年勉強をして知識が身についたら養護老人施設などで介護の仕事ではなく掃除などの雑用から入らないといけないでしょう。養護老人施設などで3年間は働かないと試験さえ受けられませんから安易な考えで介護福祉士になりたいと思っても長続きは出来ないです。最近はほとんどの人が親の介護をしたり近くで介護をしている人を見る機会が多いです。自分で介護をした経験があると介護の大変さはものすごく分かる事でしょう。でも、介護の経験はなくても頻繁に介護の事が話題に上っていますから肌で感じる事はなくても実感がわく人は多いです。少なくても介護の話題になっても何にも感じない人は介護福祉士には向いていないです。何にも感じないのに慣れるほど介護福祉士は甘いものではありません。でも、最近は介護の事が話題に上ると自分の事のように思う人が多くなってきました。これからもっと介護福祉士は大事になってきますから強い心を持って介護にあたる事が大事です。勉強も同じで強い心を持って介護福祉士を目指すべきです。